2013年02月17日

椎間板ヘルニア

昨日は姉の誕生日、そして友人の命日でもあります。
あれから1年経ったんだ・・・と思うわけです。
彼女と最後に観たお芝居の主題歌が思いのほか有名になって、その曲を聴きながら、がんばろうって思ってみたりします。

そんでもって、昨日2校目を受験しましたが・・・またしても数学が壊滅的で。
獣医への道のりは遠いな〜。

さて
IMG_5938.jpg
輪太郎は前々から胸骨の椎間板ヘルニアが疑われていましたが、いよいよ・・・という感じになってきました。

数日前から、抱っこすると本当に金切り声としか言いようがないような声を出すんです。
最初は桜加が怖くてこういう声を出すのかな?とか、もともと抱っこが嫌いだからかな?などと思っていましたが、だんだん頻度が高くなって・・・。
IMG_5932.jpg
いつもおせわになっているcafelierさんに連れて行ったところ、おそらく椎間板ヘルニアが悪化したのだとのこと。
レントゲンを見ると確かに背骨の周りがぼわーっとしていて。
これは新しく骨が形成されている証拠らしく、この骨が動くたびにピキッとなりいたいのだそうです。
IMG_5934.jpg
まあ、本格的に治すとすると手術ということになるかと思いますが、人間もそうですが、椎間板の手術はリスクがかなり高く、自力で用を足せなかったり、麻痺が残ったりということであれば、小田急線の愛甲石田というところにある獣医さんを紹介しますが・・・とおっしゃっていただきましたが、まだ何とかだましだましいけるのであれば、と、とりあえず痛み止めを投与して、あとはコンドロイチンで何とか現状維持を図ろうということになりました。
IMG_5933.jpg
輪太郎も間もなく9歳ですからね・・・立派なおっさんです。

病院の診察を待つ間、東大の先端技術研究所でお散歩していたとき、ダックスさんと小さい女のこをお散歩させている方に会いました。何歳ですか?と聞かれたので間もなく9歳ですと答えたら、うちもです!とのこと。
で、その小さい女の子が「2人ともお年寄りなのに、元気だよね」と。
IMG_5935.jpg
ま、そうですよね。
で、残った日々が楽しく穏やかでありますようにと心から思うわけであります。
輪太郎、わたしが獣医になるまでもうちょっと待っててね。
IMG_5939.jpg
↑この写真、何か良くないですか?(自画自賛)
なんというか、美しいですよね??

ニックネーム chee at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3405263
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック